利用規約


気仙沼市スポーツ施設予約システム(以下「システム」という。)を利用して、施設の予約等手続きを行うためには、下記のすべての条項に同意していただくことが必要です。
本システムに登録をされた団体及び個人は、本規約に同意したものとみなされます。

第1条(目的)
  1. この規約は、システムを利用して、気仙沼市教育委員会が管理する公共施設(以下「施設」という。)の利用申請等をする際に必要な手続きについて、必要な事項を定めるものです。
第2条(対象施設)
  1. システムにより利用の手続きを行うことのできる施設等は、市が管理するスポーツ施設とします。
第3条(登録区分)
  1. 利用者登録は、次の区分とします。登録は、1団体又は1個人について1登録とします。
    1. 団体登録
    2. 個人登録
第4条(利用者登録)
  1. システムの利用者登録をすることができるものは、施設の利用にあたり営利を目的としない者とします。なお、18歳未満の方が登録を行う場合は保護者の同意が必要です。
  2. システムを利用し、施設の予約等を行うことを希望する団体又は個人は、インターネットに接続しているパソコン又は携帯電話の端末等(以下「端末」という。)を用いて利用者登録を行わなければなりません。
  3. 団体登録する場合は、構成員2名以上の人員が必要です。また、団体を構成する人員の名簿を提出していただきます。団体の構成員の半数以上が他の団体の構成員と重複している場合、登録はできません。
  4. 登録には、次の事項を予約システムに登録するものとします。
    1. 団体名又は個人氏名
    2. 団体所在地又は住所
    3. 生年月日(個人の場合のみ)
    4. 電話番号(日中連絡の取れる番号)
    5. メールアドレス
    6. 暗証番号
第5条(利用者登録の承認)
  1. 教育委員会は、前条の規定による申請書の提出があった場合、内容を審査したうえで利用者登録を承認するものとします。
  2. 教育委員会は、登録の承認をした者に対して利用者番号を設定し、登録したメールアドレスあてに通知します。
第6条(利用者登録の変更)
  1. 利用者は、利用者登録の内容に変更が生じた場合は、速やかに、システムによる変更手続きを行い、利用者登録情報の更新を行ってください。
第7条(利用者登録の有効期間)
  1. 利用者登録の有効期間は、当該年度の3月31日までとします。
  2. 第5条の規定により利用者登録された者(以下「利用者」という。)が、翌年度の4月1日以降においても引き続きシステムを使用する場合は、利用者登録の更新手続が必要となります。更新手続きは有効期間の満了する日の3か月前から行うことができます。
  3. 教育委員会は、有効期限が過ぎ、利用者登録が無効となってから3か月を経過したときは、当該利用者番号を削除することができます。
第8条(登録資格の喪失)
  1. 利用者(団体登録の場合は、構成員も含む)が次の各号のいずれかに該当した場合には、利用者の資格を喪失します。この場合において、利用者は、資格の喪失に至るまでに生じた損害及び資格の喪失によって生じた損害を賠償するものとします。
    1. 登録者からの申出により、教育委員会等が認めた場合
    2. 提出した内容に虚偽の事項があった場合
    3. 許可を受けた施設の管理に関する条例若しくは規則又はこの規則に違反した場合
    4. 施設の利用料金の債務の履行を怠った場合
    5. 個人登録をしている本人が死亡又は失踪宣告を受けた場合
    6. 住所の変更の届出を怠る等、利用者の責めに帰すべき理由により利用者の所在が不明となった場合
    7. システムに対し、不正にアクセスした場合
    8. システムの管理及び運営を故意に妨害した場合
    9. 教育委員会が、その他登録者として不適であると認めた場合
第9条(利用者番号、パスワードの利用及び管理)
  1. 利用者は、システムの利用にあたって、利用者番号及びパスワードを入力することにより、次条の手続きを行うことができます。
  2. 利用者は、次の各号の事項に注意して、利用者番号及びパスワードを自己の責任において厳重に管理してください。
    1. 利用者番号及びパスワードは、他人に知られないように管理すること。
    2. 他人からのパスワードの照会に応じないこと。
    3. パスワードの忘失、盗難、不正使用等が発覚した場合は、速やかに教育委員会へ連絡し、その指示に従うこと。
  3. 利用者は、他人に利用者番号及びパスワードを譲渡し、又は貸与することはできません。また、利用手続によって得た権利を他人に譲渡し又は貸与することはできません。
  4. 施設の利用申請について、利用者以外の者が利用者番号又はパスワードを使用して本システム又は施設を利用し、損害等が発生した場合は、その責は利用者が負うものとします。
第10条(利用できるサービス)
  1. システムにより利用できるサービスは、次の各号のとおりとします。
    1. 予約の申込み
    2. 予約の申込み状況の確認
    3. 予約の申込みの変更、取消
  2. 教育委員会は、天災地変、通信上のトラブル、その他やむを得ない事由により前項のサービスを受けられなかった場合、その責を負いません。
第11条(予約の申込み)
  1. 予約の受付は、前月から使用日まで可能です。ただし、大会開催などの理由により使用日の前月より前に予約が必要な場合は、教育委員会に連絡してください。
  2. 減免の申請をする場合は、当該理由を付して申請してください。
第12条(使用料の支払い)
  1. 使用料の支払いは、システム内で支払方法を選択し、行うものとします。
  2. クレジットカード決済を利用する場合は、その利用に必要な事項を登録のうえ、行うものとします。
  3. コンビニ納付を選択した場合は、所定の時期までに支払いを行うものとします。
  4. 使用料の支払いが滞っている場合は、利用の一時停止や利用者登録の抹消などの措置を取る場合があります。
第13条(申込みの承認)
  1. 教育委員会は、前条の規定による予約があった場合、内容を審査し、承認するものとします。
  2. 承認の方法は、登録したメールアドレスあてに通知します。
第14条(予約の変更、取消、使用料の還付)
  1. 予約の変更及び取消は、教育委員会に連絡のうえ、手続きしてください。
  2. 予約の変更及び取消による使用料の還付割合は、関係条例の規定により次のとおりとなります。
    1. 災害又は使用者の責めによらない理由により使用できなくなった場合 100分の100
    2. 利用日の3日前までに予約の変更及び取消の申込みをし、承認を受けた場合 100分の50
第15条(利用の一時停止等)
  1. 教育委員会は、次の各号に該当した場合には、利用者のシステムの利用の一部又は全部を一時停止することができるものとします。
    1. 許可等の承認を受けた施設の利用料の支払いが滞っている場合
    2. 利用者がこの規約等に違反した場合
    3. その他教育委員会が不適切な利用と判断した場合
第16条(利用時間)
  1. システムの利用時間は、24時間とします。なお、教育委員会が行う事務手続きは、気仙沼市教育委員会職員の勤務時間等に関する規程に定める時間とします。
  2. 前項の規定に関わらず、緊急の保守又は点検を行うために、システムの一部又は全部を停止する場合があります。システムを停止する場合は、システム又はホームページ等で事前にお知らせしますが、教育委員会が特に必要と認める場合は、予告なしに停止する場合があります。
第17条(禁止事項)
  1. システムの利用に当たっては、次の各号に掲げる行為を禁止します。
    1. 施設予約の手続き以外の目的で利用すること。
    2. システムに対し、不正にアクセスすること。
    3. システムの管理及び運営を故意に妨害又は破壊すること。
    4. システムに対し、ウィルスに感染したファイルを故意に送信すること。
    5. 他人のID、パスワード等を不正に使用すること。
    6. その他法令等に違反すると認められる行為をすること。
第18条(免責事項)
  1. 教育委員会は、利用者システムを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害について、一切の責任を負いません。
  2. 教育委員会は、システムの運用の停止、中止、中断等により利用者に発生した損害について、一切の責任を負いません。
第19条(個人情報の保護)
  1. 教育委員会は、利用者登録の対象者からの申請に基づく個人情報について、本来の目的以外に使用せず、その管理に十分な注意を払います。
  2. 利用者登録の対象者からの申請に基づく個人情報は、気仙沼市教育委員会公文書管理規程で規定する保存年限に合わせ保持するものとします。
第20条(登録情報の字体)
  1. システムでの取り扱いが困難な字体については、システムで表示される字体(標準文字)になります。
第21条(利用規約の変更)
  1. 教育委員会は、必要があると認めるときは、利用者への事前の通知を行うことなく、この規約を変更できるものとします。
  2. 利用者は、利用の都度、この規約を確認することとし、この規約変更後に利用した場合は、変更後の規約に同意したものとします。
第22条(コンテンツの保護)
  1. 予約システムに含まれているプログラム及びその他のコンテンツは、著作権及びその他の知的財産権に関する法律及び条約によって保護されています。予約システムに含まれているプログラム及びコンテンツを無断で修正、複製、改ざん、頒布、販売することは禁じられています。
第23条(その他)
  1. この規約に定めるもののほか、その他システムに関し必要な事項については、別に定めるものとします。
附 則
  1. この規約は、令和3年4月1日より施行します。
ホヤぼーや